ひざの痛みで悩んでいる人の多くは・・・

ひざの痛みで悩んでいる人の多くが高齢者で、そのうち女性に特に多く見られる症状です。

あるデータによると、女性が男性よりも発症する割合が4倍多いと言われています。ではどうして女性に多いのかは分かりませんが、おそらく女性の多くがしてしまっている姿勢が関係しているのだと思います。

ひざの痛みは猫背で、O脚、そして足首が内反していることが原因となって起こると言われています。猫背は男性にも多いですが、O脚や足首の内反、つまり内股気味の人は男性には多くはありません。

ひざの痛みが女性に多いのは猫背で、O脚、内股という姿勢が女性に多いのが一番の原因だと思います。もしひざの痛みで悩んでいる女性の方がいたら、まずは自分の姿勢を改善するところからはじめてみましょう。

日常の姿勢が・・・

ひざの痛みの一番の原因は日常の姿勢が原因であると説明をしましたが、それぞれの姿勢がひざの痛みにどのように関係しているかを説明していきます。

まず猫背の場合ですが、猫背になるとひざはつねに曲がった状態になることはお解かりになると思います。そしてひざが曲がった状態で歩いていると、ももの裏にある筋肉のハムストリングスが機能しなくなります。

ハムストリングスが機能しない状態は、それだけで正常な状態ではありません。またO脚に関しても、女性は男性に比べて骨盤が柔軟に出来ている関係でO脚になりやすいと言われています。

このO脚も正常な体の使い方ではありませんので、この状態が10年、20年と続いていくと、ひざに負担が蓄積して、ひざの痛みとなって現れるようになります。

ヒールの高い靴を履き続けると・・・

ひざの痛みの原因として猫背、O脚のほかに、足首の内反があります。分かりやすく言うと内股です。この内股もひざの痛みに影響を与えます。

今、多くの女性がヒールの高い靴を好んで履いています。おしゃれだからしょうがないと言われてしまえば、それまでなのですが、ヒールの高い靴をこのままの状態で履き続けると、おそらく近い将来歩けなくなるかもしれません。

ヒールの高い靴を履くこと自体は正しい姿勢で歩いていれば悪いことではありません。しかし多くの女性がヒールの高い靴を履くことで、正しい歩き方が出来なくなってしまっています。

正しい歩き方とは、親指で地面を蹴り、かかとから着地する歩き方のことをいいますが、このような正しい歩き方が出来ていますか?

正しい歩き方を身につけましょう

ひざの痛みに影響を与える足首の内反ですが、この足首の内反がひざの痛みに影響を与える理由としては、股関節が使えなくなることがあります。

股関節がきちんと働かないでいると、足関節も上手く働くことが出来ません。そして股関節と足関節が正しく動かない状態のままでいると、ひざ関節が動きの補助をするようになります。これがひざ関節の消耗をまねいて、5年後10年単位で悪化してするようになります。

股関節は人間が歩くために、とても重要な役割を果たしています。しかし足首が内反していることで、股関節の動きが制限されてしまうようになり、ついには酷使され続けてきたひざに痛みが生じてくるようになるのです。

これからはおしゃれに気をつけるのも良いですが、正しい歩き方を身につけ、外見も内面も美しく見えるように心がけることで、将来のひざの痛みを軽減していきましょう。